3Dスキャン技術を歯科応用したセレック|様々な企業向け機械設備

男性

マイクロバブルの性質

工場

近年、マイクロバブルと呼ばれるものが、様々な業界から注目を集めています。マイクロバブルというのは、その名称の通りマイクロ単位サイズの気泡のことを指します。その大きさとして、直径が約10μmから50μm以下の気泡がマイクロバブルとなっています。この気泡が様々な業界から注目を集めている理由というのは、その性質にあります。マイクロサイズ以下の気泡というのは、通常の気泡と違って内圧が高くなっています。そのため、水中での滞留時間が長くゆっくりと上昇するのです。上昇する際には収縮していき、この収縮の過程において水中の汚れ等を吸着する性質がみられます。収縮していくと、マイクロバブルからマイクロナノバブルと更に小さな気泡となり、最終的にはナノバブルと呼ばれるナノ単位サイズの極小気泡まで収縮します。これらの性質というのは、ミリ単位サイズの通常の気泡ではみられない性質となっています。様々な業界において、この上昇と収縮といった性質により汚れ等の吸着は魅力的なものとなっているのです。
このマイクロバブルを多く活用している業界というのは、汚水が多く発生する業界です。汚濁物質を含んだ汚水において、マイクロバブルを利用することで高い水質浄化効果を得ることができるのです。また、上昇し収縮する性質において、ナノバブルの状態を超えるとこの気泡は破裂します。この破裂の際には約数千℃の熱と数千気圧といった圧力が破裂した箇所において局部的に発生します。この莫大なエネルギーによって、不着した汚濁物質は粉砕され除去されるのです。有機物の分解にも適しており、菌・ウイルス対策としても用いられます。