3Dスキャン技術を歯科応用したセレック|様々な企業向け機械設備

男性

生産性と品質向上

ディスペンサーボトル

日常生活において利用されている様々な製品の殆どには、液体や元々液体だった材料が使用されています。これらの液体材料の種類は様々で、使用している業種というのも多岐にわたります。どの業種においても、こういった液体での加工等を施す際には定量の液体を使用することが求められます。それはコストを無駄にしないことが目的であったり製品の品質に関わるものであったりするからです。特に、2種類の液体を混ぜあわせる加工の2液混同吐出では定量の液体を計量することが大切です。しかし、それらの計量を一つ一つ人力で行なった場合には生産性が著しく低下するでしょう。また、人力で行うことによって必ずミスが発生します。生産性を保ちつつ、ミスを防止するためには専用の機械設備を導入する必要があるでしょう。
ディスペンサーと呼ばれる機械設備は、あらゆる液体を定量吐出することのできる企業向け機械設備です。バイオ分野から医療分野、石油・石炭製品からゴム製品、その他様々な製造業においてこの機械設備は導入され、活躍しています。このディスペンサーで行える作業というのは、充填作業や防止作業、塗布作業、注型作業、接着、点滴、吹付、移送作業と多岐にわたります。また、スプレーガンタイプのディスペンサーも存在し、このタイプでは2液混同を行いながらスプレー吐出を行うことが可能です。そのため、製造業以外の分野において多く活用されています。ディスペンサーの導入というのは、企業内において高い生産効率と高品質化を実現してくれるでしょう。